サンマ

釧路産のさんまは通信販売で購入できる?

北海道釧路市は昔からサンマで有名な漁港です。昨今は乱獲の影響や温暖化の影響によってサンマの不漁が言われていますが、地元に行くと今でも釧路で水揚げされたサンマは食べられるようです。
釧路産のサンマは脂が乗っているので塩焼きで食べると本当に美味しいです。秋から冬の間に旬を迎えるサンマですが、釧路への旅行で現地で食べるだけでなく、以前はインターネットの通信販売でも新鮮なサンマを配送してくれるサービスがありました。トロ秋刀魚と言われるほど脂のりがよく、刺し身でも食べられる新鮮さに定評がありました。
関東のスーパーなどで購入できる秋刀魚は、これからが旬の季節なので少しずつ増えてきましたが、やはり以前よりも高額で数も少ないように感じます。
以前は比較的安く気軽に食べられていた秋刀魚もついに高級品となりつつあるようです。
北海道産の美味しい秋刀魚がたべたい!と思う人も多いと思いますが、今年はなかなか難しいそうで、北釧水産という会社さんが通販を取り扱っていましたが、今年は不漁で魚お体が小さめだということが原因で今年の通販は見合わせるそうです。残念ながら今年は釧路の秋刀魚を通販で購入することができませんが、来年に期待しましょう。
釧路産の秋刀魚が通販では食べられませんが、毛ガニがおすすめされています。北海道各地から毛ガニを仕入れているようですが、現在は白糠さんの毛ガニが販売されています。
釧路を始めとした北海道は、海産物の宝庫です。秋刀魚を食べたかった!という人も、これを機会にその他の北海道産の魚介を味わってみてはいかがでしょうか。
毛ガニだけでなく、花咲ガニもとても美味しいです。東京あたりのスーパーでは驚くほどの価格のカニも、通販で直接地元の会社の通販サービスを利用すると、量も多くスーパーなどで購入するよりも結果的に安く手に入るのでおすすめです。家族みんなで魚介パーティーをしたい!というときは、北海道の水産会社の通販サービスを使うのが賢い選択です。
本当は北海道に行って現地で美味しいご当地料理や海産物を食べたい!という人でも、自宅に居ながら北海道旅行を体験できるような美味しい海産物を食べられるのでおすすめです。

釧路産の秋鮭もおすすめ!

釧路の名産と言えば秋刀魚というイメージもありますが、秋鮭もおすすめです。
これこそがシャケか!と思えるほどの味わいを体感できます。よく、牛丼屋さんなどで食べられるシャケ定食などがありますが、あの鮭は国産でない海外のサーモンであることがほとんどだそうです。
普段から鮭を食べているような感じがしている人でも、本当の鮭を味わっていないという人も多いのではないしょうか。
釧路さんの秋鮭を一度食べると、その違いが一目瞭然です。
価格は1尾あたり7000円以上するので高額ですが、美味しさと一本丸々購入することを考えるとそんなに高くもありません。
釧路方面の昆布森や白糠産の天然の生秋鮭は非常に希少価値が高い魚だと思います。現地に行かなくてもこの秋鮭を食べられる事自体贅沢とも言えます。
販売業者によりますが、多くの場合、1尾分を切り身にして梱包・配送してくれるので自宅でさばく必要はありません。魚をさばいたことがない…という人でも安心して注文できるのでおすすめです。

時期や日によって、入荷できない場合もあるでしょうから頼める時期に頼んで置いた方がいいと思いますが、既に旬を過ぎてしまった時期やもう入荷の見込みがない時期に、どうしても魚料理が食べたい!という時は、冷凍食品で魚を食べられるサービスを利用するのもおすすめです。
中には冷凍弁当として、魚料理が充実している宅配食サービスを展開している会社もあります。
魚料理が食べられる冷凍弁当の特集サイトはこちらでチェックしてみてください。
→ 冷凍弁当

以上のように、養殖の魚は比較的安定的に食べられるものが増えてきましたが、天然の魚を食べることが年々難しくなってきている傾向があります。食べられるときに美味しく食べられるように通販を利用するのが便利なのでおすすめです。

釧路への旅と美味しい地元料理

温泉地と美味しい料理を楽しみたいというときに思い浮かべるのが九州と北海道。特に美味しい海産物を食べたい!というときにおすすめなのは北海道です。
北海道は他の県よりも圧倒的に広い面積なので温泉地も豊富、そしてなにより海産物の豊富さが随一です。
静岡なども海産物と温泉地は充実していますが、1週間程度の旅行を楽しむなら、やはり遠くまで脚を運んでみたいものです。
今回ご紹介するのは、そんな北海道の中でも道東にあたる、釧路市内と阿寒湖温泉についてご紹介します。

海産物が美味しい!釧路市内で食べられる料理

飛行機で釧路空港で釧路に到着した場合、釧路市内と阿寒湖温泉は真逆の位置にあります。どちらから先に行くべきか?と悩む人も多いと思います。
釧路空港からはどちらへも行けるバスが走っていますが、レンタカーなどを借りた方が移動はいくらかスムーズになります。
空港から釧路駅や釧路市内は、車で約30分から40分ほど。一方、阿寒湖温泉は車で1時間半から2時間ほど掛かります。
ホテルを事前に予約している場合は問題ないですが、ホテルを取っていない場合は、まず予約が取り難い阿寒湖温泉のホテルの予約を取ってから移動した方がいいと思います。
当日にホテルがとれない場合が多いので、阿寒湖温泉のホテルが予約できなかった場合は、その日は釧路市内に出てしまえば、ホテルの件数は20件ほどあるので、繁忙期でない限りはだいたいどこかのホテルに泊まることができます。

釧路空港から釧路市内に向かうと、次第にお店や住宅街が広がり、やがて市内のお店が次々と現れてきます。
釧路駅方面に進むとオフィスビルが次第に見えてきてやがて釧路駅前の北大通までつながっていきます。
釧路駅のすぐそばにある、和商市場という市場が市内でもっとも海産物が食べやすい場所です。
市場でありながら、そこで新鮮な海産物が食べられるというお店もあります。
釧路駅前にコインパーキングもありますし、駅前のエリアにはいくつかコインパーキングがありますので、レンタカーで向かった場合はそれらの場所に停めて歩いて市場まで行けます。

市場には、釧路港や厚岸港、昆布森などで水揚げされた海産物が沢山です。
中でも厚岸で水揚げされた牡蠣は絶品です。関東や西日本ではなかなか食べられないクオリティの牡蠣が食べられます。
牡蠣は網焼きで食べることもできますし、電子レンジでも簡単に調理できるので、釧路に友人が居る方であれば、牡蠣を買って訪問して牡蠣パーティーもいいかもしれません。

牡蠣の他には、やっぱり蟹がおすすめです。
厚岸で水揚げされた蟹が多いですが、厚岸産の蟹は絶品です。時期によってだったり、不漁のときであったり、その日によって蟹が仕入れされていないときもありますが、アメリカやロシア方面・太平洋で水揚げされた蟹が用意されている場合もあるようです。

その他にも釧路の水産物には美味しいものが沢山です。
以前、釧路はサンマの水揚げが多く、釧路と言えばサンマと呼ばれるほどだったそうです。
近年サンマの不漁が続いているそうですが、今の釧路はイワシの水揚げが多く、脂の乗った真イワシが今は有名です。
イワシは塩焼きでも美味しいですが、鮮度が高い釧路のイワシはなめろうなどは絶品です。
釧路の海産物を美味しく食べるならダントツ和商市場で食べるのがおすすめですが、夜は遅くまで営業しておらず、18時頃で市場が閉まってしまいます。
市内に到着したのが夜だった!という時、翌日じゃなきゃ美味しい海産物は食べられないの?と思う人もいるでしょう。
いえいえ、そんなことはありません。
そんなときには、釧路駅から徒歩10分ほどにある末広町の歓楽街の料理店で食事を楽しむのもおすすめです。
末広の中でも一番おすすめなのが、 「くし炉 あぶり家」さんです。
刺し身や焼き魚など、新鮮な魚を高い技術で調理した料理を楽しめることに加えて、なんとお寿司まで味わえます。
お寿司専門店以外のお寿司って美味しいの?と疑問に思う方もいるかもしれませんが、一度食べてみるとこのお店の味の良さがわかります。

和商市場には行けなかった!という人は、こちらのお店で釧路の海産物を味わってみるのがおすすめです。

釧路市内には様々な料理のお店がありますが、意外にも名産の食材が沢山です。
海産物だけでなく、釧路ラーメンも有名です。

釧路ラーメンの特徴や、魚介ベースのスープであっさりと食べられるラーメンですが、奥深い魚介の味わいが美味しいラーメンです。
市内で一番美味しいと言われているのは、和書市場の裏手当りにある「らーめん工房 魚」さんというラーメン店が有名です。
牡蠣ラーメンが非常に美味しく、ラーメン通にも食べて貰いたいといえる美味しいラーメンです。

この時期がおすすめ!釧路のお祭り

釧路へ旅行に行くなら、繁忙期をずらした時期にゆっくりと静かに旅行するのも良いですが、8月末から9月前半に行われる釧路のお祭り時期に旅行をするのもおすすめです。
繁忙期に当たるのでその分ホテルなどが取りにくくなりますが、「どんぱく」という花火大会がおすすめです。
市内にこだまするほどの大きな花火が打ち上げられるという、今では釧路の名物の花火大会です。
釧路市内の方以外にも、この花火を見に市外から足を運ぶ人も多いそうです。